空き家 相続放棄

空き家 相続放棄

<民法940条>
『相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。』

相続人、全員が相続放棄をした、空き家について

管理義務を負うことから、逃れることは出来ません。

※全員が相続放棄した後に、
法的責任を回避する方法として裁判所に相続財産管理人の選任を申し立てて空き家や廃屋の管理業務を引き継がせることができるのです。
全日本相続専門所 JIP 〔法律相談〕



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。