相続税改正

相続税は、平成27年1月1日以降の相続から
基礎控除額が大幅に縮小します。

今現在の相続税の控除学は、
「5000万円+法定相続人の数×1000万円」で基礎控除額が決まります。
改正後は
「3000万円+法定相続人の数 ×600万円」に変更になります。

相続税の対象となる財産は色々ありますので、注意が必要になります。

土地…田畑、宅地、山林
家屋…家屋、建築物
事業…機械器具、農工具、商品、原材料、営業権
預貯金…現金、小切手、為替、手形
家庭用財産…家具、書画、骨董
その他…立ち木、果樹、船舶、自動車

詳しくは


全日本相続専門所 JIP 〔法律相談〕【相続案内サービス】
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|