相続登記

相続登記(不動産の名義変更)

不動産の所有者である被相続人が亡くなって、相続が開始されます。

相続人に不動産の所有権が移転した場合、その不動産を自分名義を変えるには
相続当期の手続きをすることになります。

相続登記が終わっていないと、不動産の売却が出来ないなど、
不都合なことが起こります。

不動産の名義変更手続きは、必要書類を集めたりする手続きが
面倒なため、司法書士に依頼することが多いです。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|