相続登記

相続登記

登記申請は,申請人ご自身で行うことができます。
 ただし,登記申請によっては,内容が複雑なものや,
多くの証明書等(遺産分割協議書,印鑑証明書,戸籍謄本,除籍謄本等)が必要なものがあり,
相当の労力と時間を要する場合があります。
このような場合は,司法書士や土地家屋調査士等の資格者代理人に申請手続を委任して行うことができます。

相続登記の相談は

日本法規情報 相続サポート
【日本法規情報無料相談サポートとは】
 業界トップクラス、全国約1,000事務所、3,000人以上の専門家から、
 法律に関する様々なトラブル相談窓口を無料でご案内するサービスです。

全日本相続専門所 JIP
 〔法律相談〕
【相続案内サービス】


・全日本相続専門所JIPの強み

?相続診断士・弁護士・税理士・不動産コンサルタント・ライフプランナーから構成される
 相続専門のプロフェッショナルチームによる総合的な判断で最適な相続対策提案が可能です。
?無料相談・無料出張・分かりやすく何度でもご説明頂けるサービスでございます。

相続登記
相続登記(不動産の名義変更) 不動産の所有者である被相続人が亡くなって、相続が開始されます。 相続人に不動産の所有権が移転した場合、その不動産を自分名義を変えるには 相続当期の手続きをすることになります。 相続登記が終わっていないと、不動産